甘味料添加物危険

危険な甘味料!副作用を健康オタクが考える

甘味料・添加物の危険性

甘味料や添加物の危険性について考えます。

 

 

人工甘味料はいろいろあるので詳しくなったほうが視野が広がります。
甘味料が配合されているから避けるのか、気にしないのかは人それぞれだと思います。

 

 

まぁ中国産を避けるのか、気にしないのかも人それぞれですからね。
こだわりすぎていると、いろいろ面倒になったりもしますし。
甘味料への知識を深めても、重大に思わず気楽に考えるのが一番な気がします。

 

うちの親も
「中国産は不安だから買わない!」
と言っていたのに、激安スーパーでゼリーがものすごく値段が安いと中国産なのに大量に購入しました。

 

「中国産だよ」
と教えてあげると
「そんなの関係ない。安いからいいんだ」
と言っていました。
まぁそんなものです。

 

 

あまり健康に良い悪いを気にしすぎていると、病院でレントゲンを撮るときに
「レントゲンでガンになる可能性があがるから嫌だ!」
と相手を困らせてしまうことになりかねません。

 

「甘味料が配合されているから食べない」
というのは、相手からしたら結構うんざりされるので、自分の心の中ぐらいで思うぐらいがちょうどいいんです。
口にするのは気をつけたほうがいいと思いますね。

 

 

 

 

 

大量摂取はどんなものでも危険

よく人工甘味料に対して
「過剰摂取しなければ大丈夫」
なんていう人がいますけど。

 

それはどんな食べ物にも言えることで。
食べ過ぎ飲みすぎッて、どんなものであっても体調が悪くなったりするものです。

 

 

なので、人工甘味料がどうこうではなく。
食べ物の基本として、過剰摂取というか、食べ過ぎ飲みすぎは控えたほうがいいわけです。

 

 

砂糖も、過剰摂取しなければ大丈夫なイメージがありますけど。
砂糖の取りすぎはいろいろ危険ですよね。

 

多くの人はなぜか
「人工甘味料の過剰摂取は危険!」
と言っても
「砂糖の過剰摂取は危険!」
とは言わないものです。

 

 

だから、人工甘味料を否定している人は、砂糖が安全だというのはおかしいんですよ。
人工甘味料を危険視している人は
「人工甘味料を過剰摂取すると危険!」
というのであれば、砂糖も過剰摂取すると血糖値があがったり、糖尿病の危険があるわけですからね…。

 

 

 

本を見て○○が危険だと言っている人はイラッとする

あまりこういうことを言ったら
「甘味料は危険!」
と言っている人に反感買ってしまうんですけど。

 

 

たまにネットでみていると
「○○という本を読んだんですけど、甘味料ってすごく危険なんですよね」
と、言っちゃっている人がいるんですけど。

 

ちょろい商売だと思います。
いやそんな本が売れるんだから。

 

 

むしろ逆なんですよ。
そうやって
【本を読んで賢くなっていると思う層がいるから本が売れる】
わけですね。

 

 

甘味料がどうとかよりも、その本の評判や中古品の値段を見てからいろいろ判断して欲しいです。
もちろんその本がでたらめ書いているわけでもないです。

 

でも今の時代医者だってセカンドオピニオンとか言われている時代。
1つの本に書いてあることを、馬鹿正直に信じる人にはがっかりするというか
「なんだそれ」
って思います。

 

それでなくても健康なんて絶対なんてないわけで。
甘味料が危険なら、スーパーにいけば危険なものが山ほど売られているということになります。

 

 

自分も昔とあるところで、いろいろ口論になったことがありました。
そのとき相手が
「wikiにはこう書いてある!だからお前のいうことは間違っている!」
と、wikiに書かれていることを持ち出されていろいろ言われました。

 

まぁwikiが信用性がないとはいいませんけど。
wikiって、各自で編集できるネット辞書のようなものです。
それを出された時点で
「もうこいつと話すことできないわ」
と思いました。

 

 

結局話というのは、1対1でやっていても決着はつかないです。
自分の了見しか見えてない人には、他の意見や考えなんて考えられないものですから。

 

自分も子供の頃は
「大人になってお金を稼いだら、たくさんゲームを買おう」
と思っていました。

 

それが大人になって、ゲームを買ってもまったくプレイせず
「ゲームをやって時間をつぶすって時間の無駄じゃね?」
と思ったりするようになりました。
人は成長して(歳をとり)考えが変わることもよくあります。

 

 

実際正解なんてないんですよ。
ゲームがおもしろいか、時間の無駄なのか。
甘味料が健康に悪いのか、影響がないのか。

 

本人の好きなようにしていいと自分は思います。
でも他人のあれこれに口を出すのは、やっぱりNGだと思いますね。

 

実際他人の健康なんて他人事だから、親戚がタバコを吸っていようが自分は別にどーでもいいと思っています。
自分はタバコ吸いませんけど。

 

 

 

 

 

運動は痩せるのか太るのかの理論になる

自分は夜にジョギングをしています。
別にダイエットはしていませんが、健康のためにジョギングをしています。

 

運動もダイエットに良いのか悪いのか、意見がわかれます。
まぁ多くの人は運動をすることが、ダイエットに良いと思っています。

 

 

でも人によっては
「運動をするとお腹が減る、お腹が減ると沢山食べてしまう。運動をすると太る」
なんていう人もいます。

 

 

自分は潰瘍性大腸炎で、その関係で健康にも興味を持っているわけですけど。
ヨーグルトも健康にいいか、悪いのか考え方はそれぞれです。
まぁそれ以上に牛乳がいろいろ言われていたりしますよね。

 

ヨーグルトは乳酸菌を配合しているので腸内環境を整える効果が期待できます。
でも自分が言っている医者は
「ヨーグルトは冷たいから、腸の機能が落ちる」
と言っていました。

 

実際自分も、冷たい食べ物は腸の機能を落とすということは同意です。
でも自分はヨーグルトは腸内環境を整えると思って、毎日ヨーグルトを食べています。

 

 

健康なんていうものは、絶対の正解はないです。
甘味料を嫌う人は、甘味料を肯定する人は許せないと思います。
甘味料を気にしない人は、甘味料を否定している人に対して
「大げさすぎるだろ」
と思うと思います。

 

でも、もっと広い心を持って考える必要があると自分は思います。
まぁ人間って結局争いごとというか、勝負が好きなのかもしれません。

 

でも人の健康なんて絶対の答えなんてないわけで…。
やっぱり、他人のあれこれに口を出すのは野暮だと思いますね。

 

まぁネットでは
「甘味料は健康に悪い!」
と言ったほうが、多大な指示を得られたりするんですけどね。

 

実際自分も甘味料が健康にいいとはさっぱり思わないです。
でも甘味料を配合した製品を避けていたら、なにも食べれなくなりそうですし、外食なんて怖くてできないでしょ。

 

 

 

絶対に安全や健康にいいものはない

納豆って健康に良いとされていますけど。

 

最近ちょっと知ったんですけど。
【FODMAP】
というものがあって、これが高い食べ物はおなかの調子が悪くなるなんていう説があるようです。

 

 

で、納豆も高FODMAP食ということで。
お腹の調子が安定しない人にとっては、納豆はあまりよくない食べ物と考えている人もいます。

 

 

自分は納豆が危険だと言いたいわけではないです。
自分も健康のためによく納豆を食べますから。

 

 

自分が言いたかったことは、多くの人が
「健康に良い」
と考えている食べ物でも、健康に悪い説を唱えることができるっていう点です。

 

 

なので人工甘味料も悪い点を探せば山ほどでてきます。
むしろどんな食べ物や飲み物でも、悪い点を探そうと思えば探せるものなんです。

 

結局後はそれを知っているのか、知らないのか。
知って、それを危険だと思うのか、思わないのか。
その差だと思っています。

 

 

だって、タバコだって健康に悪いと知っていても吸っている人がほとんどでは?
油っぽい肉だって、健康に悪いとわかっていてもおいしいという理由で食べる人が多いと思います。

 

そもそも人工甘味料を危険視して避けている人は、普段どんなものを食べているのか気になります。
どんなに人工甘味料を避けていても
「タバコを吸っています」
とか
「今日はケンタッキーを食べました」
とかになると、どうにもならない気がするので。

 

結局そういうのは自己満足になってくると思います。
自分的には
「人工甘味料を避けています」
っていう人と
「店屋の惣菜は食べません」
っていう人と
「菓子パンは食べません」
っていう人。

 

どれが一番健康的なのかはさっぱりわからないです。
結局その人がどう考えているのかですよねぇ。

 

 

でも気にせず食べている人に
「人工甘味料は体に悪いよ」
っていうのは野暮だと思うんです。

 

店屋の惣菜を購入して食べている人に
「惣菜って健康に悪いよ」
っていうのは野暮だと思うんです。

 

菓子パンを食べている人に
「菓子パンって健康に悪いよ」
っていうのは野暮だと思うんです。

 

 

そもそも喫煙所に乗り込んで
「タバコって健康に悪いよ」
と言いに行く人なんて皆無だと思うので。
そんなものです。

 
 

ホーム RSS購読