ソルビット(ソルビトール)の危険性

【ソルビットの危険性】ソルビトールは安全?副作用はある?

ソルビットの危険性は?

駄菓子の酢だこさん太郎を食べていたら
【ソルビット】
が配合されていたので、興味を持ちました。

 

 

 

いや別に酢だこさん太郎が好きなわけでもなく。
ドンキホーテで安売りしていたので購入したんですけど。

 

 

「酢を使っているから健康にいいのかな?」
と思って原材料を見ると、ソルビットと書かれていたんですよね。

 

 

で、これを調べてみたところ

  • 外国⇒危険だと思われている
  • 日本⇒安全な甘味料として使われている

こういう感じのようです。

 

 

ネットで甘味料のことを調べていると
「甘味料は悪くいったほうが人気がでる」
ってところがありますから。

 

最終的には
「ソルビットは健康によくない」
と結論付けている人が多いですけど。

 

まぁ甘味料で健康にいい物自体あまりないような気がしますからね。

 

 

 

 

ソルビット(ソルビトール)の特徴

ソルビット(ソルビトール)の特徴を紹介してみます。

 

まぁ甘味料というわけですから、甘みを出すために使われているわけですけど。
砂糖の甘さと比べると甘みは約6割ほどということです。

 

 

血糖値は砂糖よりあがりにくいとされていますけど。
まったくあがらないわけでもないらしく、そういう点ではスクラロースなどと比べると高血糖の人は注意したほうがいいかもしれません。

 

 

虫歯になりにくい効果もありますけど。
これもまったく虫歯にならない甘味料というわけではなく。
キシリトールと比べると、イマイチっぽいです。

 

 

こうやってみると、ソルビット(ソルビトール)は全体的にイマイチというか。
これといった大きな特徴がないように感じますね。

 

中途半端なイメージがある甘味料というか。
健康問題的にも、悪いのかどうか微妙な感じの、なんともつかみどころがない甘味料に感じます。

 

 

 

 

ソルビットが使われている製品

ソルビットが使われている製品に、歯磨き粉のGUMがあります。

 

 

ガムの歯磨き粉にはソルビット液が使われています。
他のメーカーの歯磨き粉系にもソルビットはよく使われています。

 

 

他にはタラタラしてんじゃねーよという駄菓子にもソルビットが配合されています。
酢だこさん太郎にも使われていましたから、こういう系のお菓子によく使われるのかもしれません。

 

 

まぁこういうお菓子はソルビットが健康に悪いというより。
お菓子の全体的な感じとしてイマイチ感が漂っているので、ソルビットどうこう以前に健康に悪そうです。

 

 

キレイキレイの泡ハンドソープにもソルビット液が使われています。

 

 

他のスキンケア製品にも使われているようです。
まぁこういうスキンケア製品は、いろいろな現在量が使われていますからね。

 

でも甘味料として使われているソルビットが、スキンケア製品にソルビット液として使われているのは意外に感じる人もいるかもしれません。

 

 

ソルビットがあまり叩かれたりしないのは、スクラロースやアセスルファムKといった甘味料と比べると知名度が低いからだと思います。

 

やっぱり多くの製品に配合されて、目に付くもののほうが興味を持つ人が多く、その分悪くいう人も多いのだと思います。
甘味料って叩けば叩くほど人気が出たりします。

 

でも、興味をもたれていないものを叩いても、興味はもたれないですよね。
だから、人気になった芸能人なんかには、すぐにアンチができたりするものです。

 

「一流の芸能人になった証は、アンチがでてきたら…」
なんていう人もいるわけで。

 

ソルビットは甘味料としては小物なのかもしれません。
(なんじゃそりゃ)


ホーム RSS購読