人工甘味料と砂糖 危険

【人工甘味料と砂糖】危険なのはどっち?

人口甘味料と砂糖はどちらが危険?

よく
「人口甘味料が嫌だから買いません」
とか
「人口甘味料が配合されていてメーカーの姿勢を疑います」
とかいう人がいますけど。

 

人口甘味料ってそんなに悪いのか気になります。

 

 

まぁ健康に良くはないと思います。
ただ、砂糖も健康には良くないイメージが強いので、結局人口甘味料ではなくても甘いものは体に悪い気がします。

 

 

まぁ人それぞれですよね。
原材料をチェックして、自分が好まないものが配合されているのなら、その製品は買わなければいい話です。

 

ただ、原材料をチェックせずに購入して、後から
「人口甘味料が配合されていて買って失敗した」
というのは、購入者の責任な気もします。

 

 

 

 

砂糖は悪玉菌を増やし腸内環境を悪化させる

よく人口甘味料の危険がいろいろ言われていますけど。
人口甘味料の中には、血糖値をあげないものもあります。

 

なので、糖尿病の人や高血糖の人にとっては、人口甘味料は血糖値を上昇させない甘みとして重宝している人もいます。

 

 

逆に考えると砂糖のデメリットとして血糖値を上昇させてしまう点があります。

 

さらに砂糖は腸内で悪玉菌を増やします。
悪玉菌が増えると腸内環境が乱れてしまいます。
便秘や下痢になってしまう人もいるわけです。

 

 

ヨーグルトには乳酸菌が配合されています。
乳酸菌は腸内環境を整える効果があります。

 

 

でもヨーグルトによっては、砂糖を使いすぎているのか。
健康効果をアピールしていないデザートタイプのヨーグルトも多いです。

 

 

人口甘味料がいろいろ叩かれていますけど。
実際は砂糖も十分危険なものなんですよね。

 

でも世の中砂糖をとらないで生きるのはほとんど不可能だと思います。
多くの製品に砂糖は使われていますからね。

 

だから砂糖は体に良くないのを知っていながら、砂糖の危険から目を背けている人が多いように感じます。
実際人口甘味料の危険も、いろいろ研究結果がでているだけであって、実際のところどうなのかはわからないです。

 

「人口甘味料で下痢になった」
という人は見かけますけど、それ以上に体調を崩したような人はほとんど見かけないですし。

 

 

 

 

人口甘味料も砂糖も安全なはず

むしろ逆なんですよ。
「人口甘味料が危険だ」
「砂糖は体に良くない」
などなど言われていますけど、人間の体はそこまでやわではないので…。

 

人口甘味料を摂取しても砂糖を摂取しても普通に生活できるんです。
まぁもちろん、過剰摂取をするといろいろ問題がありそうですけどね。

 

 

自分が思うに
「人口甘味料も砂糖も摂取しても大丈夫」
という感じです。

 

むしろ危険なものだったら、やばいでしょ。
砂糖なんて今ではほとんど製品に配合されていますし。
人口甘味料も、今では多くの製品に使われています。

 

 

もしこの世から、砂糖と人口甘味料を配合している製品を消したのなら、多くの製品がなくなると思います。
食べるものがほとんどなくなってしまうのでは?

 

そう思うと、人口甘味料や砂糖の危険について考えるのが馬鹿らしくなってきます。
まぁネットでは人口甘味料を嫌う人が
「人口甘味料はとても危険!」
だと声を大にしていうから

  • 砂糖⇒安全
  • 人口甘味料⇒危険

こういうイメージがついてしまっている気がしますね。

 

人口甘味料が危険だというのなら、砂糖も十分危険な甘みだといえると思います。
やっぱり人口甘味料は悪くいう価値はあると思うんです。

 

でも砂糖なんて定番中の定番ですから。
砂糖の危険をわーわー言えば
「お前なに言ってんの?」
と周りから覚めた目でみられますよねぇ。


ホーム RSS購読