アセスルファムkと血糖値

アセスルファムkは血糖値をあげない!人工甘味料は血糖値を下げる

アセスルファムkは血糖値をあげない

アセスルファムkは血糖値をあげない効果があります。
血糖値を気にしている人で、甘みが欲しい人はアセスルファムKは心強いです。

 

 

アセスルファムKはコカコーラ・ゼロに配合されています。

 

まぁでも甘みがほしくても、コーラを飲みたいという人は多くないと思うので…。
アセスルファムKはコーラ以外のもので注目する人が多そうです。

 

 

血糖値が高いと、動脈硬化を起こしやすく、心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなります。
ついついアセスルファムKを配合していると
「カロリーを低くしたいんだろうな」
と思いますけど。

 

高血糖値の人に対しては、砂糖よりアセスルファムKのほうがありがたいわけですね。
そう考えると
「人口甘味料は健康に悪い」
とよく言われていますけど。

 

人によっては
「砂糖より人口甘味料のほうが助かる」
という人がいるのもわかります。

 

 

ちなみに高血糖の人が、人口甘味料を配合したコーラを飲んだところ
「血糖値はあがらなかった」
とわが身をもって実験してくれている人が結構います。

 

なので、アセスルファムKでは短い目でみて血糖値があがらないのは確かなようです。
血糖値を長い目でみればどうなのかは知りません。

 

 

 

 

 

アセスルファムKはかなり嫌われている

アセスルファムKは人口甘味料の中でも、かなり嫌われているように感じます。
スクラロースと並んで、嫌われている代表格だと思います。

 

 

自分は歯に良いガムを噛んでいますけど、ガムにもアセスルファムKが配合されています。
このことからも、アセスルファムKは虫歯の原因にならないこともわかります。

 

 

こうやってみると、アセスルファムKって良い点が結構見つかるんですけど。
とにかく体に悪いと評判だったり
「カロリーは少ないが、逆に太る」
なんていわれていたりします。

 

まぁそれはちょっとひどいと思うんですけど。
「カロリー関係無しに、結局その人しだいだろ!」
と思います。

 

 

用はアセスルファムKによって、肥満リスクが高まるということで…。
まぁ血糖値を下げるというか、あげないアセスルファムKなんですけど、人によっては
「糖尿病リスクが高まる!」
なんていう人もいるので
「どっちなの?」
と思います。

 

 

運動したらカロリーを消費するが、お腹が減って沢山食べてしまうから太る。
そんな理屈に感じますけど。

 

 

 

 

アセスルファムKはどうなの?

自分はアセスルファムKへのイメージは悪かったです。
単にカロリーの低い甘味料だと思っていたので。

 

でも今回アセスルファムKは血糖値をあげない効果があるということで、良い点を見つけることができました。
砂糖は血糖値を気にしている人にとっては、きついですからね。

 

 

血糖値を気にしていない人からしたら、そりゃアセスルファムKより砂糖のほうが安心できるのだと思います。
でも人間高血糖にならない補償なんてないですから。

 

結局一長一短だと思いますけどね。

 

 

アセスルファムKはとにかく評判が悪い人口甘味料なので。
それを擁護するようなことをいうのは、袋たたきにあう可能性があるので。

 

アセスルファムKを否定している人には、うなずくことが大事です。
まぁ中国産が危険だと思っている人に
「大丈夫でしょ」
というのは、火に油ですから。
人口甘味料でもなんでも、その人にとって危険だと思っているものは否定しないほうがいいです。

 

 

うちの母は
「運転中自動車で鍵をしめたら、事故にあったとき外から助けてもらえなくなる」
といって、自動車を運転するとき鍵をしめません。

 

そしてそういう考えの人は結構多いんです。
むしろ、運転中は鍵を閉めない派のほうが多いかもしれません。

 

 

アセスルファムKはイメージが悪いのは確かです。
健康にいいと思っている人より、健康に悪いと思っている人のほうが多いです。

 

「じゃあなぜアセスルファムKを配合した製品があるんだろ?」
と自分は思っていて、てっきりカロリーの1点だけが理由だと思っていましたけど。

 

血糖値をあげない効果もあるのなら、砂糖よりアセスルファムKのほうが安心できる人もいるってことなんでしょうね。

 

 

健康関連の製品にアセスルファムKが配合されていて
「なぜ健康のために買うものなのに、アセスルファムKを配合するのか?」
と怒っている人がいますけど。

 

案外健康のためも考えられてアセスルファムKの配合なのかもしれません。


ホーム RSS購読