スクラロースのヨーグルトは危険 人工甘味料と砂糖の効果

【人工甘味料】スクラロース入りのヨーグルトは危険?砂糖とどちらが効果が高い?

スクラロース入りのヨーグルト

ヨーグルトを健康のために食べている人もいると思います。
ヨーグルトの中には、スクラロース入りのヨーグルトもあります。

 

 

 

ヨーグルトは乳酸菌を配合しているので、腸内環境を整える効果があります。
「健康のために食べているのに人工甘味料を配合しているなんておかしい!」
と思う人もいるかもしれません。

 

でも人工甘味料が健康に悪いとは限らないというか。
人工甘味料をどう思っているのかは、人それぞれですから。

 

まぁヨーグルトもなんのために食べているのか、人それぞれですし。

 

 

健康のためにヨーグルトを食べるのなら。
無糖タイプの甘くないタイプのヨーグルトを食べるのが一番だと思います。

 

 

まぁR-1ヨーグルトの無糖タイプは、砂糖が使われていないけど、人工甘味料を配合してほんのり甘いわけで。
なにがしたいのかよくわからないんですけどね。

 

 

「人工甘味料を使わないで、砂糖を使ってほしい」
という人もいますけど、人工甘味料と砂糖ではどちらが健康に悪いのかも判断できないので…。

 

たまに砂糖が安全みたいなことをいう人がいますけど。
砂糖は悪玉菌を増やす餌になるので、乳酸菌の効果が発揮できない可能性があるんですよね。

 

ヨーグルトでも健康効果をアピールしていない製品もありますよね。
バニラヨーグルトとか、牧場の朝とか。

 

 

 

 

それらのヨーグルトが健康に効果がないのかはわかりませんけど。
乳酸菌を配合していても、砂糖の影響で、健康にプラスになるとは限らないのだと思います。

 

 

人工甘味料を配合していないヨーグルトでも、砂糖の影響で健康に効果があるのか微妙な製品もあります。
逆に人工甘味料を配合しているが、健康への強さをアピールしている製品もあるので…。

 

まぁ砂糖って人工甘味料より馴染み深いのは確かですけど。
砂糖の量と、人工甘味料の量の関係なんだと思います。

 

人工甘味料のスクラロースは、砂糖の何百倍の甘みがあるとされています。
逆に考えると砂糖を使うと、スクラロースの何百倍もの量が必要になるわけですから。
それだけ多く砂糖を使うと、健康によくなさそうですよね…。

 

 

 

 

 

スクラロース入りのヨーグルトは避けるべき?

健康のためにヨーグルトを食べるのなら、スクラロース入りのヨーグルトは避けるべきなのか?

 

自分はそこまで考えなくてもいいと思いますけどねぇ。

 

 

ただ自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど。
よく食べるのは、無糖タイプのプレーンヨーグルトです。

 

 

まぁこれは値段が安いっていう点もありますけど。

 

ヨーグルトの作り方って
【生乳(牛乳)+乳酸菌⇒醗酵⇒ヨーグルト】
ですよね。

 

つまり砂糖でも人工甘味料のスクラロースでも、それは後からメーカーが入れたものなんです。
ヨーグルト+甘みっていうことで、やっぱりヨーグルトだけを食べるのなら、無糖タイプのプレーンヨーグルトが一番だと思います。

 

 

人によっては乳酸菌にこだわっている人もいると思いますけど。

 

 

まぁそこらへんは人それぞれの判断となります。

 

明治の機能性ヨーグルトっていうの。
R-1ヨーグルトやLG21ヨーグルトが健康目的のヨーグルトとして人気ですけど。
それらは加糖タイプのヨーグルトなんですよね。

 

 

まぁ乳酸菌がいろいろな効果を発揮するみたいな感じなので。
腸内環境を整える以外の効果に期待しているのかもしれませんけど。

 

 

ヨーグルトを食べるのなら、無糖タイプのプレーンヨーグルトを食べるのが一番な気がします。
もちろん、これは自分の考えというか、主観でしかないというか。

 

さっきも書きましたけど。
ヨーグルトっていうのは、生乳に乳酸菌を入れて醗酵させたものであって。
砂糖や人工甘味料はメーカーが味付けのために入れたものでしかないんだよなぁ。

 

 

 

 

 

気にしなくていい

結論としては
【気にする必要なし】
です。

 

というか、実際に食べてみて
「あれ?効果がなにもないような」
「スクラロースを配合しているから効果がないんだ!」
と思うようなら、食べるのをやめればいいと思います。

 

今では沢山のヨーグルトがあるので。
1つのヨーグルトにこだわる必要もないかと。

 

 

というより、ヨーグルトの乳酸菌での効果というのは時間がかかるものです。
すぐに効果を実感できるようなものではないです。

 

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は、薬なわけではないです。
乳酸菌は腸で善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果が期待できるものです。

 

うまくいえませんけど。
牛乳を飲んでカルシウムを摂取していても、骨折する人もいると思いますし。
牛乳を飲んでカルシウムを摂取していても、なかなか背が伸びない子供もいると思います。

 

 

ただ一般的にはカルシウムって骨を強くするとされていますよね。
なので乳酸菌も腸内環境を整える効果が期待できるわけで。
でもそれは、薬のようなものすごいものなわけでもないので。

 

砂糖とか、スクラロースの影響があーだこーだはあまり関係ない気がします。
そんなことを言っていたら、食べ物1つ1つ食べるときに
「これは健康にいいのか?」
と考えないといけないわけで、それも変な話だと思いますけどね。

 

 

まぁ自分もヨーグルトを毎日食べているのは健康のためってところが大きいですけど。
「効果がないなら許さん!」
みたいな感じは特にないです。

 

でもヨーグルトってそういう感じの人…
「効果がなかった!詐欺だ!」
みたいな人がいたりする気が…。
まぁそれだけ注目されていたり、(乳酸菌の)誇大広告が多いのかもしれません。

 

 

まぁ自分は無糖タイプのヨーグルトをよく食べているわけですけど。
たしかにデザートタイプのヨーグルトだと健康効果が薄そうに感じますね。

 

 

でもそれは自分が
「甘いものは健康にイマイチ」
というイメージがあるだけな気がします。

 

じゃないとヤクルトとか、甘い飲み物なので効果があるのはおかしいでしょ。

 

 

まぁ実際ネットを探せば
「ヤクルトは甘いから効果がない」
っていう人もいますけど。

 

 

こういうのは答えがないわけで。
ヤクルトを毎日飲んで、腸内環境に自信を持っている人もいるわけで。

 

結局なにを食べたり飲んだりするのかは、その人の自由ってことで。
確実に健康に良いものなんて、ない気がしますけどね。

 

本人が
「健康に良い」
「健康に悪い」
どう思うのかがすべてだと思います。

 

 

なので人工甘味料スクラロースが気になる人は、スクラロース入りのヨーグルトを食べたら
「なんか気持ちが悪い」
という風になる可能性もあると思います。

 

うまくいえませんけど。
悪いイメージがある人がテレビに映っていたら
「なんか気分悪い」
と思うのと似たようなものでは。
知らんけど。

 

どんなに良いことをしていて周りの評判がよくても、人によっては
「この、偽善者が!!」
と怒る人もいますから、そんなものかと。


ホーム RSS購読