ラカントS危険性 糖尿病

【ラカントS危険性】ラカントは血糖値を下げる!糖尿病と副作用

ラカントSの危険性

ラカントSで血糖値があがるとか、糖尿病の危険性があると噂になっています。
高血糖の人ならわかることなんですけど、砂糖より甘味料のほうを選びますよね。

 

うちの父も
「糖尿病ぎりぎりだ」
と言っていたので、このラカントSを買っていましたね。

 

 

結構残っていたので、まったく使っていなかったように感じますけど。
まぁ、ぶっちゃけあまり料理をしない人って、砂糖も使わないでしょ。
料理しないとなると、砂糖を入れることもないというか…。

 

 

 

話を戻して、高血糖ではない人になると
「甘味料を摂取すると血糖値があがったり糖尿病になるって聞いた」
なんていう人が結構います。

 

だから、ちょっとびびってしまうのだと思いますけど…。

 

 

自分はこれは
「運動をすればお腹がすくからたくさん食べる。だから運動をすると太るぞ」
と言っているのと似たところがあると思います。

 

でも常識的に考えれば、運動をしたほうがカロリーは消費するので痩せやすくなるはずですよね。
運動すれば太るより痩せる可能性のほうが高いはずです。

 

運動をしておなかがすくとか、運動をしたらたくさん食べてしまうっていうのは。
その人にいえることであって、すべての人がそういうわけではないです。

 

そもそも運動と食べることをセットで考えることがおかしいと思います。
運動だけでみるのなら、カロリー消費になると考えるのが普通ですよね。

 

 

でも人によっては
「運動をしたら太る!」
というわけです。
もうこれは難癖つけたかったり、ひねくれているだけな気がしますけど…。

 

まぁそういう可能性もあるかもしれないってことです。
ラカント自体には血糖値を上昇させる効果はどうやってもないです。

 

 

ラカントはエリスリトールの甘味料です。
ドクター江部さんもラカントSは「血糖値上昇0です」と言っています。

 

【ドクター江部ブログはこちら】
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-570.html

 

 

ヤフー知恵袋のほうでも
「ラカントSを使って糖尿病の人も食べれるプリンを作っている」
という人もいます。

 

 

そもそもラカントSで血糖値があがるのなら、糖尿病ぎりぎりな父の身がやばいわ!!
まぁうちの父はチョコレートを買っていたので
「大丈夫か?」
とか思ったりするんですけどね。

 

なんかうちの父は、豆菓子とチョコレートを買っていて。
豆菓子はおつまみとして好きで食べているのだと思うので、わかりますけど。
チョコレートが好きなのはちょっとびびったわ。

 

 

というか、ラカントSとかなにに使っているんだろ?
料理とかまったくしないので、ラカントSを使う場面がないと思うんですけど。

 

おそらく病院でおすすめされて、薬局かなんかで買った可能性が高いです。
うちの父は、他人に対してはイエスマンなので、オレオレ詐欺にひっかからないか心配になってきます。

 

 

 

 

 

ラカントでなぜ糖尿病になると言われているのか?

ラカントはむしろ糖尿病の人にとって、助かる甘味料です。
じゃあなぜラカントSで糖尿病になってしまう危険性があると話題になっているのかというと…。

 

その理由は2つあると自分は思っています。

 

 

理由の1つ目は。
【甘味料を悪者としたい人が多い】
からです。

 

アンチ人工甘味料な人って多いですよね。
とにかく人工甘味料を悪くいいたい人が多いわけです。

 

 

とにかく甘味料と聞くと
「健康に悪い!」
と決め付けたい人が多いです。

 

原材料に甘味料の名前を見かけるだけで
「体に悪い!」
と決め付けたい人がいます。

 

 

そういう人から支持を得るためには、甘味料は悪く言ったほうがサイトの製作者としても都合がいいんですよ。
そのサイトを好んでくれますから。

 

簡単に言ってしまえば
【甘味料嫌いな人へのご機嫌取り】
なところが強いと思います。

 

だから
「ラカントSで糖尿病になる!」
といって、アンチ人工甘味料の人のご機嫌取りをしているわけですね。

 

 

 

理由の2つ目は
【甘味料で舌が甘みになれてしまって、砂糖を沢山使うようになる可能性がある】
そういう理由みたいです。

 

まぁたしかに一度濃い味のものに慣れると、薄味がイマイチに感じます。
でもそれはラカントとは別の話だからなぁ。

 

要は
「ラカントSを使うよりは、使わないほうがいい」
ってことなんだと思いますけど。
そりゃー当然では?

 

 

でも血糖値が高かったり、糖尿病の人でも甘みがほしくなったりするから。
ラカントSに興味を持つのだと思いますけど…。

 

 

 

 

 

ラカントは正義ではない

ラカントを悪く言う人は、ちょっと違うと思うんです。
ラカントが悪い物ではないでしょ。
でも、ラカントが良いものかというと、そういうのも違うと思っています。

 

 

ラカントが健康にいいとか、そういうのはないと自分は思っています。
オリゴ糖とか、健康によさそうなタイプの甘味もあったりしますけど。
自分はそういうのも、無理して使う必要はないんじゃないかと思っていたりします。

 

なので、ラカントもできれば使わないで。
どうしても甘みが欲しくなった場面で使えばいいわけで。
ラカントをヘビーに使うようになると、ちょっとどうかと思います。

 

うちの父もラカントが残って、まったく使っていない様子でしたけど。
もしゴミ箱に大量にラカントの袋があったりしたら、むしろ怖いでしょ。

 

「血糖値があがらないとしても、限度があるだろ」
って思いますよね。

 

 

実際自分もいろいろ試しましたけど、そういう甘味で健康に良いものといえば…。
マヌカハニーかなぁ。

 

 

いや、マヌカハニーと血糖値の関係なんてわかりませんよ。

 

でも自分的には健康にいい甘みという点では。
マヌカハニーぐらいしかプラスに思えないところがありますけどねぇ。

 

逆にいえばマヌカハニーは
「いいじゃん」
って、健康にプラスに思えたところがすごいわ。

 

 

 

 

 

糖尿病の人にこそラカントS

糖尿病の人にこそラカントSなんです。

 

でもなぜか勘違いして
「ラカントで糖尿病になってしまう」
なんてことを思っている人がいます。

 

 

まぁヤクルトも飲んだら、腸内環境が整うはずなのに
「下痢になった」
「便秘になった」
なんていう人がいます。

 

 

人間の健康というものは絶対はありません。
でもラカントS単独には血糖値を上昇させる効果はどうやってもないです。

 

 

なのでラカントSで糖尿病の危険があるというのは、そういう噂に過ぎないです。
可能性の話をしている人がいますけど、そんなことを言っていれば、人間いろいろ食べますから。
どんな人にも糖尿病の可能性は秘めているかもしれません。

 

 

結論をいうと
「ラカントで糖尿病になる」
ではないんです。

 

「糖尿病の人にこそラカント」
なんです。

 

 

もちろん、無理してラカントを使う必要なんてないんですけどね。
甘みを欲する人は、甘味料に頼るのが理想なわけです。
「甘味料の甘みが嫌い」
というのなら、無理してラカントを使う必要もないです。

 

甘味料の代表格である砂糖は血糖値があがりやすいわけで。
ラカントSというのは、血糖値があがりにくい甘味料だと考えればいいと思います。

 

 

ラカントは糖尿病を治す効果があるわけではないです。
糖尿病の人は砂糖を摂取すると血糖値が上昇します。

 

そうなると動脈硬化を起こす可能性が高くなり危険なので、甘みがほしいのなら甘味料のほうが砂糖よりは安全だといえるわけです。

 

 

ただ結局最後になにを選ぶのかは、その本人の自由です。
こういうのに絶対はありませんし、どれが健康的かはわからないです。

 

そもそもラカントがどうとかよりも。
ラカントを入れている食べ物や飲み物自体がよくないかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

ネットの情報を信じるのかはその人しだい

ラカント(甘味料)を嫌っている人にとっては
「ラカントには糖尿病になる可能性があるんだって!」
なんて聞いてうれしい気持ちがわくかもしれません。

 

そういう人がいるから
「ラカントで糖尿病の可能性がある!」
なんて大げさに言って、そのサイトも人気になっていくわけですね。

 

サイトに記事を書いている人にとっては、糖尿病の人のことなんて他人事ですから。

 

 

自分の父も
「ぎりぎり糖尿病」
と言っていました。
まぁ高血糖なわけです。

 

でも子供の自分は高血糖ではないですから、はっきりいって他人事ですからね。
いや、親が動脈硬化で倒れられると困るので他人事ではないんですけど。

 

基本食べるものは、親のことは考えず自分は好きなものを食べています。
いや血糖値が高い親も、なんか好きなもの食べている気がしますけど。

 

 

amazonや楽天市場のラカントの口コミやレビューを見ればわかりますけど。
糖尿病の人が甘みを欲して、ラカントを購入しています。

 

【ラカントSの口コミはこちら】
ラカントS口コミ

 

2016年10月のラカントSの評判
口コミ数⇒185件
平均評価⇒4.5点

 

★★★★★  | 120人
★★★★   |  43人
★★★    |  11人
★★     |   9人
★      |   2人

 

ラカントSは人気商品ですし、多くの人が満足しているのがわかります。

 

ドラッグストアに行ってもラカントSはよく見かけます。
チラシを見ると、ラカントSがセールしていることもちょくちょくあります。

 

 

やっぱり甘味料ってイメージが悪いんですよ。
ラカントは

  • カロリーゼロ
  • 糖類ゼロ
  • 自然派甘味料
  • 無添加

こんな感じで、いろいろとポジティブ語を並べていますけど、甘味料という点で敬遠する人もいます。

 

「うまい話には裏がある」
なことを思うわけですね。
自分もそういうところはありますよ。

 

 

日本人は太っていることがデメリットに思うところがあるので
「甘いのにカロリーゼロ!?そんなのデメリットがあって当たり前だろ!」
なことを思うのだと思います。

 

実際探せば、どんなものにもデメリットはあると思うんです。
ラカントも口コミを見ると
「砂糖より値段が高い」
っていうことを言っている人は結構多いです。

 

 

そしてさっきも書きましたけど、人間の健康には絶対はないです。
一般の人にとって、砂糖のほうがマシなのか、甘味料のほうがマシなのかはわからないです。

 

人工甘味料を嫌っている人は
「私は砂糖のほうが好みです」
と言っている人がいますけど、砂糖だって健康に悪いものですからね。

 

血糖値がどうこう以前の話で。
砂糖で健康に悪いものですよ。

 

だから人工甘味料が嫌いすぎて、たまに砂糖を美化してしまっている人もいますけど。
そういうのは自分は滑稽だと思います。

 

砂糖は砂糖であって、人工甘味料のデメリットをあげれば、砂糖が健康に良いものに変身するわけではありません。
まぁ砂糖は昔から使われているものだから、安心感があるっていうのはわかりますけどねぇ。

 

 

高血糖の人や、糖尿病の人にとっては、甘味料のほうが砂糖よりはマシだと自分は思います。
動脈硬化は怖いですよ。
心筋梗塞や脳卒中で倒れたら、命がなくなったり、後遺症が残る可能性がありますからね。

 

もちろん、いくら血糖値に気を使っていても、健康というものは運がありますから。
血糖値が正常な人でも動脈硬化を起こす可能性だってあります。

 

自分も毎日ヨーグルトを食べたりジョギングしたりしていますけど。
それでもお腹の調子が悪くなったり、体調を崩すことだってありますから。

 

 

 

 

ラカントの安全性はホームページでも紹介されている

ラカントの安全性はホームページのほうでも紹介されていましたよ。

 

【サイトはこちら】
ラカントの安全性

 

 

「こうやってサイトに書いてあるから安全」
とは言い切れないですが。

 

こういうのは
【本人がどれだけ安心して使うことができるか】
だと思うので。

 

いろいろ不安に思って使うよりは。
こういう安全性についてのページをみて、安心して使ったほうが体の負担も少ないです。

 

 

変な話、人間うまみよりも、つらいことがやばいんですよ。
たとえば人間なにも問題ないのなら、ちょっと悪いこともしちゃいますけど。

 

体の調子が悪くなったら、楽しいこととか全部吹っ飛びますから。

 

 

人間体調を崩せば、思うのは
「このつらい状態をどうにかしたい!」
ってことになるので。

 

 

そういう不安っていうの?
ラカントに不安を持っていると、その時点で体調不良になる可能性も秘めてます。

 

 

だから大事なことは
「ラカントは安全なの?」
とかよりも
「ラカントは安全だ!」
と自分の中で思うことだと思います。

 

 

そもそも世の中の物で100%安全なものなんてないと思うんです。
米だって、食べ過ぎたら体に負担がかかると思います。

 

でも米を食べるときに
「この米は安全か?」
とかは思わないでしょ。

 

 

でも産地とか気にして。
産地が不明とかになると不安視する人もいると思います。

 

悪いのはその不安になる心というかな。
気持ちから、体が不調になることって多いです。

 

 

実際、原因不明の病気のほとんどが
「ストレスが原因かも」
なんて言われたりしています。

 

だから、ストレスをためるよりは、こういうラカントSの安全性について書かれているページを見て。
少しでも安心するのが大事なことだと思っています。

 

 

 

 

 

絶対に必要なものではない

ラカントSが危険なのかどうなのか、絶対的なことは言えませんけど。
ラカントSが生きていく上で絶対に必要なものではないです。

 

だから、もし不安ならラカントSを使わない生活をすればいいですし。
なんとなくですけど。
ラカントを使うよりは、使わない生活のほうが体にいいのでは…。

 

 

いや、ラカントに限らずこの世にはそういうものはたくさんありますよ。
危険ではないものが、体にいいとは限らないですよね。

 

危険ではないが、体にいいとは言えない食べ物ってたくさんありますよ。
お菓子とかもそうだと思います。
ジュースとかもそうだと思います。

 

 

果汁100%のジュースとかだって。
飲むよりは飲まないほうが体にはいいと思います。
まぁ果汁100%のジュースは、生ジュースってわけではなく濃縮還元ですからね…。

 

 

だからラカントSは危険ではないと思うんです。
むしろこの世に危険な食べ物なんて売っていないと思います。

 

でも、体にいいとは言えないものだと思うんです。
それはこの世の食べ物の多くに言えることだと思います。

 

肉だって、油っぽいですから体にはあまりよくないと思います。
でも、ケンタッキーの店前で
「フライドチキンは危険な食べ物だ!」
なんて言っていたら問題になると思います。

 

 

なぜラカントが危険視されるのかというと。
おそらく甘味料というのが、あまり良いイメージを持っていないからだと思います。

 

でもそんなことをいえば調味料的なものだって体にいいわけではないですよね。
血圧が高い人なら塩分は危険視すると思いますし。
砂糖だって、腸で悪玉菌を増やすとか言われています。

 

醤油やみそだって、たくさん使っていたら塩分摂りすぎになってしまいますよね。

 

 

それらは決して危険なものではないと思うんです。
でも体にいいとは言えないもので、できるだけ控えめにしたほうが体のためになると思います。

 

ラカントSも危険ではないが、危険ではないからといってたくさん使っていたらそれは体に悪いと思います。
なので、ラカントSを使うのならほどほどにすべきです。

 

 

「ラカントSは血糖値が高くても大丈夫」
とか言って、たくさん使うのはダメってことですね。

 

太っている人が
「カロリー半分って書いてあるからたくさん食べよう」
な感じなのと同じな感じです。

 

 

人間、限度ってものがあります。
うどん屋で、ねぎやてんかすを大量に入れている人をみれば
「おいおい」
って思いますよね。

 

それと同じで、ラカントSは危険ではないですが、限度があるってことですね。
できるだけ使わないほうが理想だと思います。
でもたまに甘みがほしくなるからラカントSを使うわけで。

 

「甘いのが好きだからラカントSをヘビーに使ってます」
みたいな人は、気をつけたほうがいいというか。
もうちょっと食に気を配ったほうがいいと思います。

 

 

うまく言えませんけど。
誰にでも好物ってあると思うんです。
でも、好物だからってたくさん食べないといけないってことはないんですよ。

 

好物でも少量で満足しても、好物って言っていいんですよ。
好物だから、たくさん食べないといけないってことはないので…。
なんでもほどほどぐらいがちょうどいいんです。


ホーム RSS購読