スクラロースのメリット

【スクラロース】メリットは糖尿病や高血糖の人だけ?低カロリーでもまずいし危険?

スクラロースのメリット

とにかく評判の悪いスクラロース。
スクラロースを配合していると買うのをやめる人もいるぐらいです。

 

 

ただメリットが少なからずあるからスクラロースが使われているわけで。
そのメリットを紹介します。

 

 

よくスクラロースを摂取している人は

  • 糖尿病
  • 高血糖

の人に多いです。

 

スクラロースを摂取しても血糖値があがらないんですよね。
でも砂糖だと血糖値があがって、危険な状態になります。

 

 

自分も今現在は血糖値は正常です。
でも今後どうなるのかわかりません。
それは他の人にもいえることです。

 

 

 

 

 

高血糖って危険なんだが

人工甘味料をとにかく嫌っている人の中には、たまにアンポンタンな人がいて
「高血糖でも人工甘味料より砂糖をとったほうが健康には害がない」
みたいなことをいう人がいますけど、それは高血糖を甘く見すぎです。

 

高血糖だと、動脈硬化を起こしやすく心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなります。
心筋梗塞や脳卒中は、起こすと命が亡くなる可能性もあります。
命が助かっても、後遺症が残る可能性もあるんです。

 

 

まぁ人工甘味料を嫌う人は、人工甘味料の危険性にだけしか興味がなく
「高血糖とか高血圧とか、たくさんの人がそうだから、あまり危険ではないんでしょ?」
みたいな、感じの人がいるのでびびります。

 

でもこれはなんとなくわかるような気がします。
自分も高血糖や高血圧の知識がなかったらそう思っていました。

 

 

でも今の自分から言わせてもらえば、高血糖や糖尿病の人は、砂糖をとるよりは甘味料を取ったほうが安全だと思います。
もちろん、絶対なんてありませんけど。

 

病気にかかっても
「甘味料のせいだ」
なんてことはわからないと思います。

 

 

でも高血糖&糖尿病だと、それが原因での動脈硬化が考えられるんですよね。
特に年齢が高い人は、より動脈硬化を起こしやすいので、高血糖の人は注意したいところです。

 

 

と、そんなわけで、スクラロースのメリットの1つとして
【血糖値をあげない】
という点があります。

 

血糖値が正常な自分みたいな人にとっては、特に関係ない話だと思うかもしれません。
でもいつ血糖値が高くなるのかわからないので、覚えておいて損はないと思います。

 

 

 

 

 

砂糖より甘みが強く、虫歯の原因にならない

スクラロースがなぜ使われるのかというと、甘みを出すためですよね。
「甘みを出すのなら砂糖を使えばいい」
という人もいるかもしれません。

 

たしかにそのとおりなんですけどね…。

 

 

でもスクラロースは砂糖の600倍の甘さだとされています。
さらに虫歯の原因にはならないということで、歯に良いガムにも配合されています。

 

 

スクラロースが使われているので、歯に良いガムなのに甘いなんて製品があるわけです。

 

 

自分も外出するときは、緊張を和らげるためによく歯に良いガムを噛んでいますね。
昔の馬鹿どもがガムを道端に吐き捨てたりするから、ガムを噛んでいるとマナーが悪く感じられていそうでいい迷惑です。

 

後はこの記事を書いているときもガムを噛んでいます。
記事を書いていると、疲れてきて頭が回らなくなってしまったりするので。
ガムを噛んでいると、気持ち集中力が続く感じです。

 

 

 

スクラロースはまずい?

人によっては
「スクラロースの甘みはまずい」
「スクラロースを摂取すると下痢になる」
という人がいますけど、それは飲み物の話だと思います。

 

スクラロースにいえることではなく、その飲み物自体の話だと思いますけどね。
まぁスクラロースに悪いイメージがある人にとっては、精神的なものからまずく感じます。

 

 

クレヨンしんちゃんが、ピーマンをまずいと決め付けて食べないのと似ていると思います。
でも人によっては
「ピーマンの苦味がうまい」
という人もいると思います。

 

 

自分もお酒はあまり好きではないので飲みません。
おいしいと思えないので…。
でも人によっては、お酒の苦味を好む人もいると思います。

 

ジュースよりお茶を好む人。
甘いヨーグルトより、無糖ヨーグルトを好む人もいます。

 

 

まぁだからスクラロースの甘みがまずいというのは、その人の好みの話です。
言い換えれば
「私はスクラロースの甘みより、砂糖の甘みのほうが好き」
ってわけですね。

 

 

 

 

 

コスト軽減になる 低カロリー化

メーカー側がスクラロースを使うのは、単にメーカー側がコスト低減のメリットがあるからな可能性があります。

 

スクラロースは砂糖の600倍の甘さ。
つまりスクラロースを使えば、砂糖600倍を使わず似た甘みを出すことができます。
これがコスト低減につながり、利益を出すことにつながります。

 

 

後、あたりまえすぎて忘れていましたけど、砂糖ではなくスクラロースを使うことでカロリーを控えることができます。

 

 

カロリーを気にする人は多いです。
「低カロリー!」
なんていえば、そっちの製品を買う人も多いです。

 

うちの親もよく食べるわりにダイエットをしているようで、商品を買うときにはカロリーをチェックします。
そしてカロリーの高い食べ物は
「カロリーが高く太るから買わない」
と言っています。

 

その割に、菓子パンとかよく食べているんですけど。

 

 

まぁ自分から言わせてもらえば
【太る痩せるがカロリーで決まれば苦労はない】
と思っています。

 

だからスクラロースが健康に悪いとそこまであからさまに思っていませんけど。
スクラロースでカロリーを抑えた製品なら、痩せるとも思っていません。

 

そもそもスクラロースだけで、人間の体があっちこっち健康状態が変わるほうがおかしいでしょ。
効果抜群の薬や毒薬と勘違いしていないか!?

 

 

でもやっぱりメーカーとしては
「カロリーゼロ!」
とかいうことで、その製品が選ばれたりするわけで。

 

メーカーとしてはスクラロースに多大なメリットを感じていそうです。
まぁ「スクラロースを配合しているからこの製品は買わない」って人もいますけどね。


ホーム RSS購読